高級デリヘルサイトを利用する流れ

高級デリヘルの利用方法を紹介しています。 - 高級デリヘルを使う時のシステム

高級デリヘルを使う時のシステム

nagaredayone
風俗店の中でも、デリヘルの使用方法というのは少しばかり利用するときの流れや勝手、という物が違うんですよね。
店舗に直接行くことがなく、自宅やホテルに呼ぶというような形のものが多いので流れという物をしっかり自分がわかっていないと、案内してくれるような店員がいませんので時間がかかってしまうかと思います。
さらに、高級デリヘル伴ってくると更にシステムが変わってくることもありますので、そこをあらかじめ理解しておきましょう。
まず、高級デリヘルともなると一見さんというのはお断りだったりすることがあるんですよね。
入会金などが必要なところもありますので、まずはサイトが会員しか使うことができないかどうかということを調べておく必要があります。
当然、必要だった場合は利用する前にしっかりと会員規約に目を通して問題なければ会員登録をしましょう。
そのあとは、基本的には普通のデリヘルと同じ出勤時間中で待機中の嬢を指名するか、無指名で出勤中の嬢の中から店側に選んでもらうというような形になりますね。
ただ、高級店の場合は普通のコースとは違って特別なコースがあるような店もあったりするんですよね。
普通のデリヘルにはないような、コースもあるのでそれを利用したい人はその流れも事前にチェックしておくといいでしょう。
例えば、デートコースのような女の子とデートをしてからホテルでセックスをというようなサービスのものもあったりするんですよね。
要は、一時間コースではなく貸切のような感じで一日丸ごと使ってデリヘル嬢とデートを含めたサービスをするようなものがあるということなのです。
こんな風に、特殊なコースがあるというのも高級デリヘルのシステムの特徴なのです。

どうせ風俗嬢やるなら高級デリヘルで働くべきだと思います。

nagaredesu
私がこんなになってしまったのは先輩のせいです。でも先輩のことを恨んでいるわけじゃありません。想像していたよりずっとリア充な学生生活が送れたので結構感謝しています。

私は3年前、大学進学のために長野の山奥から出てきました。うちの高校は大学進学率は低く、大学進学する人はみんな一人でいろいろな県に出ていました。

そんな寂しい田舎者に声をかけてきたのは大学の卒業生という真奈美先輩でした。出版社の人事で働いているって言っていました。私はこの人とつながっていれば就職に有利かも?って思ったんです。

しかし、先輩と出会って1ヶ月後、私は高級デリヘルで働いていました。先輩はこうやって田舎者に声をかけて高級デリヘルに送り込むスカウトだったんです。

私は風俗って怖いところだと思っていました。借金を背負わされて性病になっても働かせれてボロボロになって田舎に帰るというイメージでした。

でも違いました。私は高級デリヘルで働いていましたが、そこは処女で業界未経験が売りでした。普通のデリヘルで働いている人のブログとか読んでると待遇とかが全然違っていたので驚きました。高級デリヘルの待遇は結構良いのです。

高級デリヘルは売り上げが多い分余裕があり、店や女の子に優しくできるそうです。

Copyright(C)2014 高級デリヘルサイトを利用する流れ All Rights Reserved.